ZOOM製品 修理に出した結果

先日zoom製品のU-24のアダプター差込口が陥没してしまい修理に出すことになりました。

箱の中に保証書があり、1年間の保証期間(購入したのは1月)があったのでとりあえず大丈夫そうだったので保証書にもろもろ記入しましたが、販売店を記入するところで「ん?」と思って書くのが止まってしまいました。


この製品は楽器屋で買ったわけではなくAmazonで購入した商品なので、販売元はお店の名前ではなく「Amazon JapanG.K.」 なのです。

あれ?これ保証対象大丈夫?なのと思いzoomのカスタマーセンターに問い合わせしたところ、Amazonで買ったというのが分かる領収書があれば大丈夫とのことだったので、早速Amazonの購入履歴からこの製品の領収書をコピー印刷しました。

後はホームページの方で受渡し期日などを決める手続きをして、ヤマト運輸に取りに来てもらいました。特に梱包の必要はなくヤマトがすべてやってくれました。

zoomの着払い伝票もすでに持って来てくれていて、情報は記入済みだったので製品を渡すだけですみました。

木曜に受け渡して、なんと土曜日に戻ってきました。

えっ2日?

えらい早いなーと思い中を開けてみると何と新品に交換になっていました!



これはライブでも使うし、家ではオーディオインターフェイスとしても使っているので新品になって戻ってきたのは本当に嬉しい。しかも2日ぐらいで。

これまで以上に大事に扱っていきたいと思います。


mako-G's Blog

ギタリストmako-Gのブログです。音楽関連や日々の事などを書いております。

0コメント

  • 1000 / 1000